一括払いの貯蓄性保険について

貯蓄型の生命保険には、事故に備えると同時に、貯蓄という側面がある保険です。終身型、養老又は学資型、個人年金型、外貨建型の4種類があります。終身型は、生涯の保障だけでなく、解約した時の解約返戻金が預貯金のような性質を持つのです。払いこみ途中と払いこみ後では、返戻率が異なるのが一般的です。一括払いで金利を期待する商品とは言えません。養老型、学資型は目的が違うだけで、満期にも事故にも保障があります。一時払い養老型は一時相当の金利だったように、一時払いの預貯金として有利な条件のようです。個人年金型は満期金を年金型で受け取れる商品です。利率は期待しないほうがよいでしょう。外貨建型はハイリスクハイリターンというイメージがあります。投資とイメージしたほうが良いでしょう。

貯蓄性のある商品について

生命保険は、亡くなった時の残された家族への保証だけでなく、貯蓄としても使うことができます。保険料を払った後、ある一定の期間をおくと、払い込み金額と利子を貰える場合があります。子供が独立したりして、保証があまり必要でなくなった場合は、払い込み金額以上貰えるようになったら解約することもできます。金利は、銀行で預けておくよりも良い場合もあります。ただし、定期預金と違って途中解約すると、払い込み金額よりも少ない金額しか貰えなかったりします。貯蓄としては流動性がないので、長期間置いておけお金でないとなりません。

↑PAGE TOP